寺本亜紀のサイトへようこそ♡ - ライター & 映像翻訳者(字幕・吹替)です♪
こんにちは。
 
 
ライター&映像翻訳者の寺本亜紀です。
 
 
ようこそ私のサイトへお越しくださいました。
 
 
いきなりですが、映像翻訳という仕事があることをご存知ですか?
 
言葉自体は耳慣れない言葉かもしれませんが、
 
実はみなさま毎日目にしていらっしゃいますよ^^
 
 
映画やドラマ、ドキュメンタリー、セレブリティのインタビューや歌などを
 
字幕や吹き替えのために翻訳することです。
 
 
私には子どもがいますので、子ども向け映画の翻訳を得意としています。
 
 
 
ライターとしては、各界の著名人の方々にインタビュー、
 
また旬の話題に関しての記事を執筆しています。
 
 
最近では、本名だけでなくペンネームで書くことも多くなってきました^^
 
 
ライターや映像翻訳者としての実績は次ページ以降をご覧いただければ幸いです。
 
 
 
ここで少しプライベートなお話しをさせていただきますね。
 
私は2児の母でもあります。
 
 
大学1年の娘と中学3年の息子がいます。
 
 
娘は国立小学校に入学して親の転勤に伴い区立の小学校に転校、私立の中高一貫校を卒業して、現在慶應義塾大学で学んでいます。
 
息子はインターナショナル・プリスクールに入園。区立小学校から区立中学校へ進みました。
 
 
娘と息子のそれぞれの性格を考えての進学です。
 
 
結果的に小学校受験、中学校受験、大学受験、インターナショナルプリスクールを経験することとなりました。
 
 
文字でこうして書くとまるで教育ママのようですが、
 
身近な友達にはあきれられるくらい子供任せにしています。
 
 
子供を信頼しているからこそなんですけどね。
 
 
この春娘の大学受験が終わったと思ったら、来年は息子の高校受験が控えています。
 
 
まったくもって、子育てにはキリがありません。
 
 
 
私は現在仕事していますが、子供が小さい頃には育児に専念するために主婦として日々過ごしていました。
 
 
その間、毎年夏休みになると1ヵ月間海外へ親子留学に行って子供との時間を大切にしていました。
 
 
息子が4歳、娘が小学3年生の時に、カナダのバンクーバーで1ヵ月間ホームステイ。
 
 
息子が5歳、娘が小学校4年生の時に、アメリカのボストン近郊で1ヵ月間ホームステイ。
 
 
息子が小学1年生、娘が小学校5年生の時に、オーストラリアのコフスハーバーで
1ヵ月間ホームステイ。
 
 
 
子供を現地の小学校や語学学校へ通わせている間、
 
私は小学校でボランティアをしたり、語学学校へ通って勉強をしていました。
 
 
時には子供のフィールドトリップ(遠足)にボランティアとして付き添いをしたり
 
海外生活を子供と一緒にめいっぱい楽しみました。
 
 
中学生や高校生になると部活や友達との時間が優先されてしまうので親子で出掛ける機会が少なくなります。
 
あの時期に親子で行けたことはかけがえのない思い出になりました。
 
 
もう2度とできない経験かもしれませんね。
 
 
 
すべてはタイミング!!
 
 
思い立ったら吉日派です♪
 
 
 
 
facebookもしていますので、是非お越しくださいませ。